石けん

コールドプロセス石鹸

学校では本格的な「手作り石鹸」week がはじまりました!

前回のガックフルーツ石鹸では、市販の石鹸素地を使った手軽なMP (melted & pour)でしたが、今回はもっとも手間のかかる CP (cold process) でつくりました!

今日の出来上がりはこんな感じ

コールドプロセス石鹸1

しかし、なんと!石けんとして使えるのは約1ヶ月後!! (⌒-⌒; )

熱を加えず、ゆっくり「けん化」(saponification) させるのでものすごく時間かかるけど、昔ながらの自然な製法です。肌に一番優しい石けんがつくれるので、今から首長~くして待ってます。

基本の原材料は、

  • ココナッツ油 (coconut oil)
  • パーム核油(palm kernel oil)
  • コメ油 (rice oil)

石鹸というのは油の種類と分量で性質が決まる。

MPでは市販の石鹸素地を使うので油の配合は指定できないけど、CPだと自分でいろんな油を試してmy best石けんがつくれます!

※ポイントは油と苛性ソーダと水の分量!ちゃんと計算して測ること。

コールドプロセス石鹸2

噂の取り扱い注意の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)

コールドプロセス石鹸3

苛性ソーダを精製水に溶かし、透明になるまで混ぜる

※マスク着用で作業します!

コールドプロセス石鹸4

油類も混ぜておく

コールドプロセス石鹸5

混ぜた油に苛性ソーダ水を入れて本気で混ぜ混ぜ

ここはかなり力をいれます!

コールドプロセス石鹸6

クリーム状になったらガックフルーツジュース投入

※クリーム状の見極めが難しい!

香料もこの段階でいれます。

コールドプロセス石鹸7

素早く型に流す

泡が入らないように型をトントン机に軽く落とす。

表面に泡があればアルコールをスプレーして泡を消す。

コールドプロセス石鹸8

1ヶ月後!使うのが楽しみです☆

関連記事

  1. 石けん

    パイナップル石鹸

    Reunrom 石鹸レビュー第3弾はパイナップル石鹸このシリー…

  2. 石けん

    ココナッツ石鹸

    濃厚なココナッツの香りと豊かな泡に包まれながら肌をしっとり柔らかく洗い…

  3. 石けん

    釜焚き石鹸

    釜焚きと聞くとなんだか田舎の料理を思い出しますね。でも、今回炊くのはお…

  4. 石けん

    Fancy Soap Bar

    昨日の Cold process 自習で作ったナチュラル石けんたち…

  5. 石けん

    最近はまっているもの~手作り石けん

    最近「手作り石けん」→「石けん作り」に夢中と言ってもまだ一個も…

  6. 石けん

    タイのお土産は石鹸がおすすめ^ ^

    最近、ハマり過ぎているタイ石鹸いろいろ中でも一押しのシリーズร…

PAGE TOP